FXのマインドとセオリー

スポンサーサイト

優良情報は⇒ 人気ブログRanking


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


続きは購読されている方が最も多い⇒ 人気ブログRankingで


FX初心者の方は⇒にほんブログ村 為替ブログ FX初心者へ
デイトレ&スイング派は⇒にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ
システムトレード派は⇒にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ

ロスカットと利益確定について

優良情報は⇒ 人気ブログRanking


FXで効率よく利益を上げていくために
皆さん優秀なロジックを取得する為に、日々勉強されていることと思います。

特に有効なエントリーシグナルを取得する為に
システムの選定には試行錯誤していることと思います、

率直に私の経験から言うと、

トレードは短期になればなるほど裁量が必要になる傾向にあると思います。

また、エントリーシグナルは勿論ですが、

利確とロスカットのルールも
コンスタントに利益を上げていくには
エントリーシグナル同様…

もしくは、エントリーシグナル以上に重要です。


特に、値動きの早いときは、
ふり幅も大きくなり
また、状況によっては戻りも早くなりますので

利確と損切りのルールは、
厳格にしておかなければ


エントリーしては見たものの
大きめに戻したのでロスカットしてしまったとか


含み益が思ったより早く伸びたので
欲を出してエグジットに躊躇していたら
一気に戻されて、気が付けば含み損になっていた

など、

一瞬の判断ミスで利益を取り損ねたり



また、マイナスばかりではなく、

思ったより利が伸びず戻してきたので、
少ないけどエグジットしたらトレンドは継続していた、とか


エントリー後すぐに含み益が伸びたので
満足してエグジットしたら
更にどんどんトレンドが進んでいって悔しい思いをしてしまった

などなど、


良くも悪くも短期トレードは特に、

エントリーシグナルのみならず
エグジットルールやロスカットルールに加え


判断力と決断力が


その結果に大きく左右してしまいます。


しっかりとルールを決めて
システマチックにトレードを行っている以上

全ての値動きに対応するのは不可能ですが、


ある程度、事前にトレンドがどちらに進みやすいのか

また、現状から反転はどの程度の勢いでトレンドが続くのか

揉み合いからブレイクする前にはどのような兆候が見られるのか


などなど、事前に状況分析できれば
ある程度、利を伸ばしやすい場面や
大きな利益は期待できない場面を想定して臨むことが出来ます。



この事前の準備は、

○○の○○○○の状況を分析することで

ある程度事前に対応できるようになるのですが…







これは、

日足のトレンドの状況を分析することで

ある程度準備することが出来ます。




更に言うと、

時間軸とボリンジャーバンドの関係からも
現状を把握し事前に次の値動きをある程度想定することが出来ます。




レンジ相場で
ある程度の値幅を期待できる動きとなる予兆や

緩やかにトレンドが進みやすいケース

押し目や戻り売りとなりやすい動きとなるケース

強めのトレンドが出やすいパターンなど、


これらの状況分析は
私が検証している【FX進化論】のマニュアル内で説明している
状況分析方法と、その状況による傾向から学びました。



また、トレンドが一度弱含んだ際に
反転となりやすいか、又は押し目や戻り売りとなりやすいかは
リアルFX】で学びました


FX進化論】では、

移動平均線の状況から、日足でのトレンドの強さを測ることで

そのトレンドが、

現在初期段階なのか

明確な方向が示されているのか

又はトレンドの終盤なのか

揉み合いなのか



これらが、わかるとある程度
トレードし易い通貨ペアを判別することが出来ます。

昨年末ごろからクロス円は中々難しい値動きが続いていたと思います。



これは、ドル円とドルストレートのトレンドが逆行していた為に


ドル買いが強まるとドル円は上昇
逆にドルストレートは下落となり
クロス円は不安定な動きとなります。

その逆でドル売りが強まった場合も同様です。


最近ではユーロドルの売りが取りやすいです。


これは、日足で明確な下落トレンドが示されているからで
勿論、そのトレンドにも局所的な揉み合いや調整は入りますが、

日足レベルまで波及したトレンドは
一度加速するとどんどん進みやすい傾向にあります。




まずは、日足から状況分析をすることによって、
事前にある程度想定できれば、

トレードし易い通貨ペアを選択することが可能です。


特に、FX初心者の方はボラティリティが高いと言う理由だけで
クロス円でのトレードを好む方が多いですが、

トレードしやすいかどうかは、
トレンドが明確かどうかによって、その難易度は大きく変わります。


日足でトレンドが明確に示されているか
又は、もみ合いなのかによって

時間足や分足レベルでも

日足と同じ方向であればトレンドが進みやすい
逆行していれば、トレンドが出にくい傾向にあると想定できます。


また、デイトレードの場合


FX進化論】は30分足とボリンジャーバンドの関係から
トレンドの勢いや揉み合い時の動きのノウハウも学べます。

短期トレードでは、状況により値動きの変化が早く
緩やかなトレンドなのか、強いトレンドなのかくらいは
判断できなければダマシを頻発してしまいます。


短期トレードの場合、単一ロジックでは
どうしても相場とマッチするときしないときがあるのは
状況により柔軟に対応しにくくなるからです。


日足での状況と
短期的なトレンドの状況がある程度把握できれば

ダマシの回避のみならず、
大幅な利益の取り損ないも軽減できるようになるかと思いますので

ご自身が利用しているロジックのパフォーマンスも
十分に発揮できるようになるかと思います。

勿論、【FX進化論】の
6つのシステムを使い分けるロジックも有効です。


これまでお伝えしてきたように、
それだけトレンドの状況分析は重要ですので、

特にデイトレーダーの方は、
日足から落とし込む相場分析の方法を学ぶことで
相場の見方が変わると思いますので

トレードスキルの向上にお役立て頂ければと思います。


FX進化論

FX進化論レビュー


続きは購読されている方が最も多い⇒ 人気ブログRankingで


FX初心者の方は⇒にほんブログ村 為替ブログ FX初心者へ
デイトレ&スイング派は⇒にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ
システムトレード派は⇒にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ

スポンサーサイト

| FXのマインドとセオリー |

為替レート


-為替 FX-

BBS7.COM
MENURNDNEXT

みんなの予想

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。